読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペークソ

なんとか生きてる星人

ユーラシア大陸の果てを目指してポルトガルに行ってきた【4】―ブラガ―

海外旅行 日記

9/18 ブラガ 快晴

連日の快晴。この日はブラガ。ホステル近くのカフェで朝ごはんを食べ、S.Bento駅からブラガに向かう。私はこの辺からカフェに入るごとにナタを注文する事にしており、密かに自分の中でナタ食べ比べを始めていた。

 

ブラガでは、たくさん予定は入れず、ボン・ジェズス教会だけを予定に組み込んであとは何も決めずに街歩きをする事にしていたので、真っ先にボン・ジェズス教会へ行った。駅前のバス停から約30分ほどバスを走らせると、教会へ行く山道があるが、隣にトラムもあった。体力ない人はこちらを、という仕組み。うへ~、この山道は相当しんどそうだぞ、どうしたもんか…と思っていたらマリザが「トラムを使おう」と提案をしたので速攻で賛成。

 

f:id:pe_xo22:20161003143258j:plain

観光名所という事でかなり大勢の人がいた。とても美しい教会。

f:id:pe_xo22:20161003143257j:plain

隣はホテルになっており、宿泊も出来る。

f:id:pe_xo22:20161003143426j:plain

内部はかなり広い。

f:id:pe_xo22:20161003143256j:plain

 

f:id:pe_xo22:20161003143427j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143423j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143425j:plain

f:id:pe_xo22:20161003161618j:plain

このボン・ジェズス教会、下から見上げて撮ると非常に美しい写真が撮れる…はずなんだけど、私の腕がへっぽこでこんな写真しか撮れなかった。トホホ。

 

f:id:pe_xo22:20161003143511j:plain

ボン・ジェズスから戻ったらブラガの中心街を散策。ポルトに比べてたいぶ静かな街だ。お昼はマクドナルドで簡単に済ませた。

f:id:pe_xo22:20161003143507j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143510j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143709j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143509j:plain

f:id:pe_xo22:20161003143706j:plain

静かな教会。

f:id:pe_xo22:20161003143707j:plain

教会には必ずパイプオルガンがある。

 

この日は二人ともクタクタだった為、ポルトで夕飯食べる場所を探さなくても良いように、ブラガのスーパーで買って食べる事を提案した。私が日本で一人旅をするときにも良く使う手だ。海外のスーパーマーケットだいすき! 思えば数年前、アメリカに行ったときもスーパーマーケット行ったっけ。

このPingo Doce、この後もお世話になった、ポルトガル発のスーパーマーケット。

f:id:pe_xo22:20161003143705j:plain

夕飯。今回食べたかったもの、生ハムとケイジョ・フレスコ!! ケイジョ・フレスコは左側の白い物体です。これ、生チーズなんだけど、ほんのりミルクの味がしてとっってもおいしい!!生ハムもうまーーーーい!!!日本でも安く美味しい生ハムとチーズが食べられればいいのにと願わずにはいられない。

うっかり写真を撮るのを忘れてしまったけど、この時パォン・デ・ローも食べた。味は、本当に、カステラ。軽めのカステラ。マリザへのおみやげに、東京ばな奈の花とカステラを持ってきたのだけれど、カステラを選んで正解。おそらく初めてパォン・デ・ローを食べた当時の日本人は、私と同じように「ポルトガルの食べ物うっま!!!」と思ったのだろう。これが日本人の口に合わないわけがないし、逆にカステラはきっとポルトガル人の口に合うだろうなと考えていた。それを実感したのは、この数日後の話し。

 

次はコインブラに行きます。